Global Quality Solutions 研究開発から生産設備まで、シグマ光機は「光」で解決する企業です。
HOME 会社案内 製品情報 IR情報 採用情報
You are here : ホーム > 会社案内 > シグマ光機の光学部品を搭載したNASA火星探査機の打ち上げに成功

シグマ光機の光学部品を搭載したNASA火星探査機の打ち上げに成功

火星探査ミッション「Mars2020」プロジェクト NASA(アメリカ航空宇宙局)様

この度、シグマ光機が製造した光学部品19種が組み込まれたリモート光センサー装置SuperCam が搭載されたNASAの火星探査機ローバーMars2020「Perseverance(パーシビアランス)」が、2020年7月30日(木)に無事打ち上げに成功しましたことをご報告申し上げます。

シグマ光機の子会社であるOptoSigma Europe S.A.S. (France) とOptoSigma Corporation (USA) は、フランス研究所オブザーバトワレ・ド・パリ(パリ天文台)、米国ニューメキシコ州ロスアラモスのロスアラモス国立研究所(LANL)、カリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所(JPL)と、火星探査機ローバーに搭載されるSuperCamに組み込む光学部品の開発に共同で取り組んでおりました。SuperCam内に取り付けられたミラー・レンズ・プリズムなど、火星探査機ローバーに搭載されている光学系の約50%はOptoSigmaブランドを展開するシグマ光機グループによって供給されています。


火星探査機ローバー「Perseverance」 ©LESIAObservatoire de ParisPSL


©LESIAObservatoire de ParisPSL

「Mars2020」プロジェクト概要

Mars2020「Perseverance」は、NASAの最新の火星探査ミッションを担う火星探査ローバーです。

打ち上げ日:2020年7月30日
打ち上げ場所:フロリダ州ケープカナベラル空軍基地
火星着陸予定日:2021年2月18日
着陸地点:ジェゼロ・クレーター

主なミッション:
1.古代の微生物等の生命存在の形跡を探索・評価
2.火星の岩石と土壌サンプルの採取・分析、分析でデータの送信
3.サンプルの収集、サンプルチューブ格納・配置

シグマ光機(OptoSigma)グループによって供給された光学部品は、火星探査に必要な、高度な光学的な要求仕様を満たすとともに、火星の特殊で厳しい気候条件の中での動作に耐えるために、真空・温度・湿度・熱サイクルなどの、外部専門テスト機関による様々な厳しいテストをクリアし、OptoSigmaブランド製品の高耐久性、高安定性などの高い品質を証明しました。

今回の火星探査機ローバー「Perseverance」への光学部品の提供で得たノウハウを生かし、今後も新しい高品質な光学コンポーネントと光学モジュール・ユニット・システムの創出を推進してまいります。そして、光学業界のリーディングカンパニーとして、今後も産学官での共同研究などに積極的に取り組むことにより、光技術の発展に貢献して参ります。

※アメリカ航空宇宙局(NASA) Mars2020Missionホームページ:
https://mars.nasa.gov/mars2020/

※オブザーバトワレ・ド・パリ(パリ天文台) ホームページ(English):
https://www.observatoiredeparis.psl.eu/?lang=en

※ロスアラモス国立研究所 ホームページ(English):
https://www.lanl.gov/

※ジェット推進研究所(JPL) ホームページ(English):
https://www.jpl.nasa.gov/

プレスリリース 日付
シグマ光機の光学部品を搭載したNASA火星探査機の打ち上げに成功 NASA(アメリカ航空宇宙局)様[PDF:192KB] 2020.08.05