Global Quality Solutions 研究開発から生産設備まで、シグマ光機は「光」で解決する企業です。
HOME 会社案内 製品情報 IR情報 採用情報
You are here : ホーム > 会社案内 > 設備

設備

設 計

三次元設計

形状や干渉確認・構造解析を検証できます。
また静止状態・動作状態ともに干渉部を発見し、設計を進められます。予め設計に盛り込む内容を伺い、スペース・強度・耐性・コスト面を検討し、解析シミュレーションを行い、ご提案することができます。

光学設計

材料特性を考慮しながら、光学素子を組み合わせデザインしお客様の特注製品などの光学設計をしています。

薄膜設計

お客様のご要望に合わせた光学特性を得るために、全体の層数・使用膜材料・積層パターン・各層の膜厚(光学膜厚)・蒸着プロセス等が決められます。

加 工

5軸制御縦型マシニングセンター

5軸制御で様々な形状加工が可能です。

NC球芯研磨機

高速で高精度なレンズ研磨加工が可能です。

IBS装置

散乱損失や吸収損失が低く、高反射・高精度・高耐力・低散乱製品の製作が可能です。

平面研磨機

ミラーやプリズムなどの平面部分を研磨し、高い面精度に仕上げます。

近接場エッチング装置

近接場光を利用し乾式非接触で表面粗さ(Ra)1Å以下の研磨が可能になります。

イオンアシスト蒸着機

密着性、緻密性の高い蒸着膜のコーティングをしています。

複合旋盤

鏡筒や丸物部品を光軸中心に加工し、位置決めが必要な穴や角加工が同時に行え、高精度な位置決めができます。

CRD測定装置 (Cavity Ring-Down)

Fabry-Perot共振器に蓄積された光子の寿命を測定し、高反射ミラーの反射率を測定します。

超音波洗浄機

蒸着加工を行う前に基板の洗浄を行います。

縦型マシニングセンター

多種多様な製品に対応するため、治具を利用し複雑な形状の製品を加工しています。

ワイヤー放電加工機

ワイヤー放電による微細形状加工をしています。

横型マシニングセンター

多種多様な製品に対応するため、治具を利用し複雑な形状の製品を加工しています。

検 査/測 定

UV~VIS~NIR 分光光度計

紫外域~可視域~近赤外域の分光特性を評価します。

走査型電子顕微鏡(SEM) エネルギー分散型分析装置(EDX)

光学顕微鏡が苦手とされる表面構造の評価観察または元素分析も可能です。

非接触三次元表面形状測定機

基板表面の微小な形状、粗さを測定評価します。

レーザ測長器

直動自動ステージの位置決め精度・繰返し位置決め精度・ロストモーションを測定(距離の精度測定)しています。

AFM (Atomic Force Microscope)

探針と試料に作用する原子間力を検出するタイプの顕微鏡でサブナノメートルの表面形状測定が可能です。

焦点距離測定器

球面レンズの焦点距離の精度を測定しています。

ザイゴ干渉計システム

マスターオプティクスはザイゴ干渉計システムで検査測定し、基板面精度を保証しています。

三次元測定機

加工部品や完成品などの複雑な立体形状の測定・評価を行なっています。

DUV分光光度計

通常の分光光度計では測定不可能な紫外用コーティング製品の分光特性を測定しています。